どうやって口説くと相手は、ウンと言ってくれるか。相手は素敵な女性で、ちょっとエッチな感じの子。あなたは、その子とヤリたくて仕方ない。そんなときの口説き方は、簡単なものです。

すばりと言い切るのがベストです。「したいくらい素敵な子だね。一緒に遊ばない?」と。すばりと本音を言うのです。さりげなくあいての顔を見て、ゆっくりときっぱりと伝えるのです。

軽すぎないし重過ぎない。こんな正直な幹事が女の子にとっては、じつにいい感じに聞こえるのです。
遠慮ばかりしていても、回りくどいのも、やっぱりだめです。ストレートな言い方だけに、気後れせずに堂々と伝えるの最大のこつなのです。女の子の側から考えてみましょう。誠実な人は、悪い人ではないけれど、楽しい人ではない。火とレートな人は悪くないが、下品では嫌だ。女の子はちょっと難しいほどの考え方をもっています。

最大のコツがストレートに伝えることにあるというのは、実は、大昔からの言い伝えでもあり、時代が変わっても不変の真実なのです。この基本原則から外れる女の子は、まずいません。

ダイレクトな言い方は、自分に地震のあるものにしかできないことです。自信のない男に女の子が好感を持つはずはないのです。
女性の心理は、自信のある男性を選びます。ストレートな言い方が誰よりもスマートに照れることもなく伝えられる男性というのは、どんな女の子にとっても、とても新鮮に感じるはずです。自分の周囲に、それほどの自信と勇気とユーモアさえ感じられるストレートさは、斬新で一気にとりこになってしまうでしょう。どこへでも連れていってわしい、と思わせるのに十分なコメントです。

大事なのは、その言葉そのものではないのです。態度そのものが堂々としていて自信にあふけている男性こそが、待ち望んでいた男性像なのです。
胸がきゃんとした女の子は、あとは行き先がホテルだめうが、ベッドだろうが、なされるままになります。瞬間に待ち望んでいた男性と出会い、幸せな夢心地の時間を過ごせるのだと心から理解してしまうのです。あとは、お楽しみが待っているだけです。