出会った女性と結婚したいなら、二人の子どもが欲しい旨を単刀直入に伝えるべきです。

その理由としては、国内が少子高齢化で悩んでいる事実を何とかしたいからなどという崇高なものではなくて、単に女性と結ばれる可能性を高めるために有効な口実だからです。

女性にとって子どもはある意味ではアクセサリーのようなものですから、結婚したのであれば是が非でも欲しいと感じてしまうのは変えようのない現実です。ところが、世間体を気にするあまり両親に孫の顔を見せてあげたいなどともっともらしい理由を持ちだした挙句、そもそも婚姻関係を結んだ男性と女性にとっての責務のようなものであると言い放つケースもあります。

しかしながら、昨今の子どもへの名前の付け方からも想像に難くないように単なるペットのような感覚で育てている女性は比較的多いのです。自分は新たな生命を育んでいると周囲に言っているものの、その実は言葉を話すペットを得られたことによって社会的に認められている女性の仲間入りを果たした結果に大満足しているにすぎないのです。そうした現実を知らない男性の中には子どもを作りたくないという人もいますが、結婚を考えている女性がいるのであれば言ってはならないことです。

子どもという存在は女性にとって重要であるため、それがため結婚に踏み切る人も少なくありません。万が一にも男性側に子どもを作る意志が感じられなかったのなら、プロポーズしてくれた相手が芸能人のような美形であっても早々に断る決断を下す可能性は高いです。
女性目線から子どもの重要性について説きましたが、そもそも男性にとっても何かと役に立つ存在なのです。

子どもがいることによって合法的に仕事を休むことができたり、周囲の人びとから不妊治療について悩まなくても良いと評価されるようになるからです。したがって、男性としても子どもを作るメリットは大きいのでプロポーズの際には明言してしまうのが良いと考えられます。